[LinuxFocus-icon]
ホーム  |  マップ  |  一覧  |  検索

ニュース | アーカイブ | リンク | LFについて
[an error occurred while processing this directive]
convert to palmConvert to GutenPalm
or to PalmDoc

[Lorne Bailey]
by Lorne Bailey
<lorne/at/linuxfocus.org>

著者紹介:

Lorne はシカゴ在住で、コンピューターコンサルタントをしています。 特に、Oracle データベースのデータ入出力が専門です。 もっぱら *nix 環境でプログラミングを行うようになってきているので、 'DLL の悪夢' とはおさらばしました。 コンピューターサイエンスの分野で修士号の取得に励んでいます。



日本語訳:
須藤 賢一 <deep_blue/at/users.sourceforge.jp>

目次:

 

KDE3 を使ってみる

[kde]

要約:

KDE 開発チームは、近ごろ最新版のバージョン 3 をリリースしました。 みなさんが自分で試す前に、どんな感じになるかをこの記事でお伝えします。 この記事では SuSE 7.3 を使っていますが、 主要なディストリビューション向けのバイナリが用意されているはずです。

_________________ _________________ _________________

 

KDE3 とは

KDESuSETurbolinux といった多くの Linux ディストリビューションでデフォルトのデスクトップ環境になっています。 KDE は C++ というオブジェクト指向言語で書かれています。 このことは、グラフィカルユーザーインターフェースを作成するにあたって好都合です。 プログラマーは実績のある部品を寄せ集めて、自分が開発しているアプリケーションに組み込めば済むからです。 KDE は QT というライブラリを使っています。 KDE チームは、 QT の最新版である QT3 のメリットを最大限に引き出すべく KDE3 をリリースしました。 KDE3 はすばらしい出来栄えで、 私は普段から標準のデスクトップとして使っています。
[KDE3]
 

使ってみるには

KDE3 の良いところは、KDE2 はそのままで KDE3 を試せることです。 まだ KDE1 を使っている人は、すぐにディストリビューションをアップグレードしたほうがいいでしょう。

KDE1 を使っている人が KDE3 をインストールすると、不具合が出ます。 私が rpm でインストールした KDE3 は ~/.kde ディレクトリを使っているため、KDE1 と衝突してしまいます。 ただし、多少の設定を変えれば問題を回避することはできます。 KDE は 'KDEHOME' という環境変数に定義されたディレクトリで起動します。 ですから、KDE を起動する前にこれを設定しておけば良いのです。

各ディストリビューション用のファイルは、 以下の KDE 推奨ミラーサイトのうち、最も近い所からダウンロードしてください。

私自身は SuSE 7.3 を使っていますが、 主要なディストリビューション用のバイナリはここに揃っています。

では、KDE3 とそれ以前のバージョンとでは、どうして干渉しないようになっているのでしょうか。 それは、プログラムもライブラリも独自のディレクトリにインストールされるためで、インストールしても何も壊されません。 全てのものをレジストリに突っ込むような OS とは訳が違います。 レジストリを本当に理解している人は誰もいませんし、レジストリが壊れてしまったらマシンがおじゃんになってしまいます。 レジストリは、たとえば自分のプログラムをコンパイルしただけで 壊れてしまいます。 こんなことが起きては、ソフトウェアの開発で食べていて、頻繁にリコンパイルするような人にとっては深刻な問題になってしまいます。 SuSE では、KDE3 のライブラリは /opt/kde3 に、 qt3 は /usr/lib/qt3 にインストールされます。念のため 'rpm -qpl <package-name.rpm>' を実行して、パッケージに含まれているファイルの一覧を確認し、ぶつかっているファイルがないかを確認してください。 また、rpm はインストールの前にワーニングを出してくれるはずです。

rpm パッケージを使えばインストールは簡単です。 私はインストールする全ての rpm ファイルを適当なディレクトリに入れ、'rpm --install *.rpm' と入力しました。 もし、依存関係のエラーが出たら、必要なパッケージをインストールしてからもう一度やってみてください。 実は私も KDE2 と KDE3 でファイルが競合するエラーになりました。 ファイルの差分をとってみると、あるスクリプトのある行で 2 文字だけ違いがありました。 大した問題ではないと思ったので 'rpm --install --force *.rpm' でインストールしましたが、特に問題は起きていません。

次に、ログインマネージャ kdm で 1 箇所だけ変更します。 コントロールセンター->システム->ログインマネージャ を開いて、kde3 というセッションを追加します。 すると /usr/X11R6/bin/kde3 が呼ばれます。 これはスクリプトへのリンクになっていて、このスクリプトが KDE3 が正しく動くように全ての設定を行います。 KDE は KDE2 から設定を取り込むかどうか聞いてきます。 私は取り込むように指定しましたが、少しして KMenu の取り込みに失敗しました。 大きな問題ではありませんが、不便なことは確かです。 みなさんは、古い設定を使わず、デフォルトの設定を使うことをお薦めします。 後から'kmenuedit' で変更することもできます。

以上がインストールの手順です。

 

危険はないの ?

何と言っても、重要なファイルは定期的にバックアップするのが良いと私は思います。 できればCDに焼くなど、ファイルをマシンの外に移動した方が良いでしょう。 みなさんはもちろんそうしてますよね ? まだならすぐにやるべきです。 KDE3 を使ってみるかどうかには関係なく。

もし本当に安全を優先したいなら、お使いのディストリビューションが KDE3 をテストして、アップグレードとして CD に同梱した形で提供するのを待つのが良いでしょう。 現実は無視できません。新しいものを試すというのは、万人にお勧めできることではないのです。 私が使って問題が起きていないからといって、みなさんもそうだとは限らないのです。 ただ、実際の危険はかなり少ないと思います。 これまでに 3 台のマシンをアップデートしましたが、KDE3 がマシンを壊したといって、私の所に怒鳴り込んできた人はいません。 そうは言っても、前に述べたように、スクリプトの競合を無視して、強制的にインストールする必要があるかも知れません。 これが気になるなら、ファイルをバックアップしておいて、問題が起きたら元に戻せば良いでしょう。 最新版を試すためには、システムに対する基本的な知識が必要となりますから、それで怖じ気づく人もいるでしょう。 新しいソフトウェアを試すのが好きでない人というのは、面倒が嫌いなのです。

 

何がうれしいの ?

 

不満はないの ?

深刻なバグを見つけたり、データが消えてしまったりということはありませんでした。 ここでは、ちょっと気になった点について述べます。 いくつかは単に私の無知から来るものです。  

速くなったの ?

人がスピードについてついてあれこれ言う時、本当に意味しているのは感覚的なスピードです。 アプリケーションのスピードだとか、どのウィンドウマネージャーやテキストエディタや括弧のつけ方が一番かといったことには、みなそれぞれの (時にかたくなな) 考えを持っているものです。 こういうことについて、ああでもないこうでもないと掲示板で議論するなんてことには、 私は興味がありません。 ここに示すのは、いくつかのテストを行ってみて、私がいちばん正確だろうと思う数値です。 すべてのケースにあてはまる訳ではありません。 ここで試したもの以外でもウィンドウマネージャーは他にたくさんあることは分かっていますが、このテストでも大まかな感触が得られるでしょう。 KDE は十分速いと思いますが、他のウィンドウマネージャーを使えばもっと速く起動できることもわかっています。 まずはスタートアップの時間から見てみましょう。

起動時間
アプリケーション Enlightenment Gnome KDE2 KDE3
コンソールからの起動 7 12 16 18
kdmからの起動 3 10 10 12
ブラウザ * X 2.5 2.5
ターミナル <1 1 1.5 1.5
メールクライアント * 5 2 2.5
メディアプレーヤー 1 1 2.5 3
X - 壊れていて動作せず * - 対象外

私は、Gnome では電子メールクライアントとして Evolution を使っています。 機能がたくさんあるので、起動が遅いのは予想していました。 また、mozilla をアップグレードしたたため、Galeon は動きませんでした。

アプリケーション起動までに余計な時間がかかっても、気にしませんでしが。 KDE は、自分の思い通りに操ることができるからです。 これは個人的な好みや要求によって変わる部分です。 eterm も良いですが、Konsole はもっと好きです。 いずれにしろ、いったん 2、3 のアプリケーションを起動したら、何時間も使い続ける訳ですから、起動時間なんて全く気になりません。

 

メモリの使用量は ?

Ksysguard を使って少し試してみました。以下がその結果です。
メモリサイズ
アプリケーション KDE2 KDE3
Konqueror 29,358 19,128 35,968 24,944
Kicker 24,340 13,820 26,708 15,644
KDesktop 23,608 13,156 28,580 17,972
Klipper 22,848 11,096 24,672 13,224
Kwin 21,976 11,200 22,920 11,064
これを見ると分かるとおり、KDE2 と同等かそれ以上のメモリを消費します。 メモリが足りない人は、アップグレードによる改善はありません。 でも RAM は安いので、大多数の人にとっては問題にならないでしょう。 128 MB もあれば十分だと思います。  

使ってみるべき ?

これまで説明してきた情報を元に、KDE3 が自分の要求に合っているかを判断してもらえれば幸いです。 私自身は 3 台のマシンにインストールしてみましたが、重大な問題にはまだ遭遇していません。 システム管理的な作業をちょっとやる程度のことが気にならず、新しいソフトウェアを使ってみるのが結構好きだという人なら、KDE3 を好きになるでしょう。 メンテナンスが全く不要で、自分の仕事だけに没頭させてくれる環境が欲しいという人でも、セキュリティが向上するというだけで、特段の心配は無用です。 私個人は KDE3 を日常的なデスクトップとして使っていますが、 より快適に過ごせるようになりました。 デスクトップはそうあるべきだと私は思います。 あなたもぜひ試してみて、自分の目的に合っているか確かめてはどうでしょうか。  

リンク


Webpages maintained by the LinuxFocus Editor team
© Lorne Bailey, FDL
LinuxFocus.org
翻訳履歴:
en --> -- : Lorne Bailey <lorne/at/linuxfocus.org>
en --> jp: 須藤 賢一 <deep_blue/at/users.sourceforge.jp>

2003-06-01, generated by lfparser version 2.36