[an error occurred while processing this directive]
convert to palmConvert to GutenPalm
or to PalmDoc

LinuxFocus 2002 年 5 月 / 6 月号

[march question] [tux in garden] GNU、Free Souftware Foundation、RedHat の本拠地、そしてしばらく前からは Linus Torvalds 氏までもが米国にいます。 Linux やフリーソフトウェアはみんな「アメリカ製」だと思う人もいるでしょう。 でも、先月の質問 Linux around the world, で面白い 結果が出ています。 Linux やフリーソフトウェアが本当に世界的な流れだということを裏付ける結果です。 とてもうれしい結果です。 国際的なウェブサイトがとても重要であること、また、LinuxFocus には英語版しかいらないという意見は間違いだということが分かったからです。

今号は、記事がたっぷりあります。 こゆっくりお楽しみください :-)



LinuxFocus.org Articles

Applications

Hardware

System Administration

Articles at Linux Gazette

LinuxFocus 小技集

caps-lock キーを無効にするには?
間違ってキーボードの caps-lock キーを押していやな思いをしたことはないですか? X11 では、簡単に caps-lock キーを別のキーに変更することができます。 Esc キーに変更してしまうといった具合です。 それには 2 つの方法があります。

  1. ホームディレクトリに .Xmodmap ファイルを作成し、以下の内容を記述します。
    !lf-tip: change Caps_Lock to Escape
    clear lock
    keycode 66 = Escape

    ログアウトしてログインし直します。
  2. もうひとつの方法は、コマンドを 2 つ実行する方法です。
    xmodmap -e "clear lock"
    xmodmap -e "keycode 66 = Escape"
    X11 の起動時に必ずこのコマンドを実行するようにするには、.xinitrc か /usr/X11R6/lib/X11/xinit/xinitrc ファイルに記述しておきます。
現在のキー割り当てを確認するには、次のコマンドを実行します。
xmodmap -pm
xmodmap -pke

あるキーがどのキーコードを生成するかを知るには、xev プログラムを使います。 キーボードの種類によって、caps-lock が生成するコードが違う可能性があるからです。 xev を使えば、キーコード番号が分かります。




© 2002 LinuxFocus
Click here to get to the LinuxFocus contact persons list