ホーム マップ インデックス 検索 ニュース アーカイブ リンク LinuxFocusについて


LinuxFocus.org について

LinuxFocus は 1997 年の 11 月に創刊されました。 Miguel Angel Sepulveda とその友人は、 英語以外の言語を話す国に住む Linux ファンに向けたサポートや情報がほとんどないことに気づき、 LinuxFocus を創設しました。

私達は英語で書かれたニュースグループ、HOWTO、本を読むことができます。 けれども、そういった情報を英語以外の言語でも提供していくことは、 とても重要なことだと感じていました。 英語を母国語としない国の若者達はめったに英語を話したり読んだりすることはありません。 最初にコンピューターのオペレーティングシステムに触れる機会と言えば、 大抵マイクロ○○○の OS です。 MS はありとあらゆる言語用の OS を販売しています。 商用 Linux はそのレベルには遠く及びません。

私達の一番の目的は教育です。 新しい世代のユーザーに対し、彼らの話す言語で十分な情報を提供し、 Linux コミュニティーに参加できるようにすることです。

Photo Miguel Angel Sepulveda は LinuFocus マガジンの創設者です。 ピッツバーグ大学で助手としてポリマー、ゲル、量子フォノン制御を研究していました。 理論化学の分野で博士号を取得しています。 アニメーションや 3D プログラミング、シミュレーションなどが好きです。 Linux を使い始めたのは 1993 年のことです。 わずかな余暇には、クラシック音楽を聞いたり、子供達と遊んだりしています。 1999 年には LinuxFocus のプロジェクトリーダーから引退しました。


LinuxFocus の目標は、Linux やそれに関連する情報を掲載した無料のオンライン雑誌を、いろんな言語で編纂・発行することです。 LinuxFocus はオープンな雑誌で、たくさんの人びとの協力で成り立っています。 面白い記事があれば、誰でも寄稿することができます。

Miguel Sepulveda が LinuxFocus を去った後、 Guido Socher がプロジェクトリーダーの仕事を引き継ぐことになりました。

Photo Guido Socher は、Linux を自分のコンピューターにインストールした直後から、すっかり Linux ファンになりました。 その理由は、Linux が単なるソフトウェアにとどまらないためです。 Linux は哲学なのです。 Guido は電気工学で修士課程を卒業し、 電気通信関連の企業向けにソフトウェアのデザインを行う仕事をしています。 最近では、余暇の多くを LinuxFocus に費しています。




LinuxFocus は一人の力で成り立っているものでは決してありません。 数百人に及ぶ協力者があってこそ存続しているのです。 言語毎にたくさんのワーキンググループがあります。 各グループの窓口とその電子メールアドレスは
lfチームのページ にあります。

それではこの雑誌をお楽しみください。 みなさんのご意見をお待ちしています。


© 2001 LinuxFocus
LinuxFocus の窓口のページ